育毛シャンプー徹底検証~男性の頭皮を救え!~ » スカルプシャンプーQ&A » スカルプシャンプーに含まれる育毛成分を徹底解説

スカルプシャンプーに含まれる育毛成分を徹底解説

シャンプーの中には健康的な髪の毛を作るのに効果的な育毛成分が含まれています。ただ、育毛成分といっても様々な種類があるため、どのような成分が含まれているものを選べば良いのか疑問もありますよね。

そこで、スカルプシャンプーに含まれていることが多い代表的な育毛成分やそれぞれの特徴についてご紹介します。スカルプシャンプー選びの参考にしてみてください。

毛母細胞活性化成分

新陳代謝を高めたり、髪の毛を作る際に欠かせない役割を持っている「毛母細胞」という細胞に刺激を与えます。毛母細胞とは髪の毛の根元部分にあたる毛乳頭を取り囲むようにして存在している細胞のことです。

健康的な髪の毛を作るためには毛母細胞を活性化させることが何より重要だといえるでしょう。そもそも髪の毛は根元部分で細胞が分裂を繰り返すことによって作られます。この過程の中で新しく作られた髪の毛がその前に細胞分裂して作られた髪の毛を押し上げることによって髪の毛が伸びていくわけです。 つまり、髪の毛を伸ばすためには細胞分裂を促すことが欠かせません。もしも仮に毛母細胞が仕事をしなくなった場合、髪の毛は生えなくなってしまうのです。毛母細胞は細胞分裂に欠かせない役割を持っているため、しっかり活性化させて元気な髪の毛を作ってもらいましょう。

ここで重要になってくるのが、毛母細胞を活性化させる成分をスカルプシャンプーで取り入れてあげるということ。毛母細胞は様々なことが原因で働きが弱まってしまうため、活性化するための成分を外から取り入れてあげることが重要です。 スカルプシャンプーに含まれている毛母細胞活性化成分は毛母細胞が髪の毛を作るための働きをサポートしてくれる成分となります。 代表的な成分として血行促進効果も持ったショウガ根エキスやトウガラシチンキ、男性ホルモンの抑制作用も持ったセンブリエキスなどが人気です。

血行促進成分

頭皮が凝り固まった状態だと毛母細胞に栄養が行き渡りません。スカルプシャンプーに含まれている血行促進成分は頭皮の中にある血管を拡張させる働きがあります。これにより血行を促進し、毛母細胞に栄養が届きやすい状態に導けるのです。

マッサージなどでも血行を促進できますが、シャンプーの中に血行促進効果の高い成分が含まれていればより効率よく頭皮の血行を改善できるでしょう。頭皮が冷えていると感じる方や掴んで動かしてみたときにほとんど動かない方は頭皮の血行が悪くなっている可能性が高いです。 血行促進効果を持った成分は非常にたくさんあり、多くのスカルプシャンプーに取り入れられています。

代表的な成分ともいえるのが、血行促進効果のほかに消炎効果や鎮静効果を持ったセンキュウエキスや毛母細胞を活性化させる働きも持っているクララエキス、抹消血管を拡張させる働きや保湿効果の高いトウキエキスなどです。

男性ホルモン抑制成分

何のために男性ホルモンを抑えるのかというと、脱毛ホルモンの生成を抑えるためです。テストステロンという男性ホルモンが酵素によって分解されると脱毛ホルモンに変化し、男性型脱毛症に繋がります。 これを抑えるためにスカルプシャンプーには男性ホルモン抑制成分が含まれているのです。

特に生え際の後退や頭頂部の薄毛を抑える働きが期待されます。生活習慣が乱れていたりするとホルモンバランスも崩れやすく、それが原因で男性ホルモンが増えすぎてしまうこともあるので、スカルプシャンプーで効率よく男性ホルモン抑制成分を取り入れて日々のケアに当ててみてくださいね。

代表的な成分は抗菌・抗炎症作用や保湿効果も持ったアロエベラ葉エキス、強い殺菌効果や炎症を抑える働きも持ったカンゾウ根エキスなどを取り入れているスカルプシャンプーが多いです。

注目のスカルプシャンプーを使った結果をまとめました。禿野が使ってみたスカルプシャンプーを徹底比較!

注目のスカルプシャンプーを使って比較!

今ドキメンズ必見!髪にいいシャンプーの選び方

抜け毛が気になる人におすすめのシャンプー図鑑

【免責事項】

このサイトは2016年6月時点の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。